初の海外キャンプ(シドニー)

シドニー湾に浮かぶCockatoo Islandでキャンプをしてきた。

Circular Quay から出るParramatta 行きのフェリーに乗り込む。
フェリーはハーバーブリッジをくぐり、ノースシドニーのルナパークを右手に見ながら少し行くと、左にBalmainの岸壁に建つ家並みが見えてくる。

日本で言うと、坂の土地に建つ家では高低差を利用して建屋下に駐車場があるような感じで、ここでは船着場備わっている家が多い。
シドニーらしい光景だ。
その一帯を過ぎるとCockatoo Islandが見えてくる。

Parramatta riverとLane cove riverの合流ポイントに浮かぶCockatoo Islandはシドニー湾内では最大で過去には囚人の島で、造船の島でもあった。

島に上陸してフェリーで来た方向を振り返ると、シティのビル群とハーバーブリッジが良く見える。

大晦日のこの島は、年末カウントダウンの花火を見る客のためだけに解放される。

初の海外キャンプに選んだテントは、Paago worksのNinjatarpとNinja nest

仕舞寸法、軽さ、広さのいずれにも文句無し。一つあたり500mlのペットボトルの大きさに600グラムの軽さだ。
大人2人、小学生2人の4人家族で、狭いながらも、荷物を極力減らしたい時に使ってきたから今回の旅でも即決だった。
むしろ、Ninja tarp/Ninja nestがあったからこそ、このイベントに参加しようと思えた。

真夏のオーストリアは気温こそ高いものの、湿気がないから日陰に入れば快適。

タープの開度を調整して、光と風の入り具合を調整する。

雨の降り込みは意外なほど少ない。

もうしばらくすると、この島に激しい雷雨がやってくるから、テントのロープ張り具合とペグを再度確認し、開口部はしっかりと閉めるように。
万一の際の避難はシップヤードへ。場内アナウンスが流れてから10分ほどで風が強まり、空が真っ黒になる。
シャワーが降り注ぎ始め、稲妻が明滅を始めると、キャンパーは一斉にシップヤードへ走り出す。
セキュリティが巡回し、避難をアナウンスする。
我が家もレインジャケットのフードを被りヤードへ入ったところで、視界は真っ白になり滝の様な豪雨となった。
ヤードの入り口に立って様子を伺うと、白い雨のスクリーンが右へ左へと激しく揺れている。
こんな良い機会にテント内にいれないのは残念だが、雷なら仕方ない。
一旦小康状態になるとテントへ戻り状況を確認する。
メッシュ側の入り口付近に、わずかに水が溜まっているだけで大した事はないことに関心した。
ネストのフロアパネルの立ち上がりが効いたのだろう。
あれほどの雨なら跳ね返しもかなりのものだったはずで、実際、立ち上がりの外側では足置きの為にとフロアからはみ出させて敷いたフットプリントにはかなりの水が溜まっていた。
今回使用して初めて気づいたのは、ネストのメッシュを閉めると暖かくなること。
激しい雷雨で一気に気温が下がった。今回選んだ125センチ固定のアルミポールは強度的には心配ないが、タープとネストの隙間が広いため、タープを全閉してもかなりの風が抜けていく。レインジャケットを着込んでも肌寒い。真夏だからと、寝袋は持ってこなかった。
閉め忘れたメッシュパネルの一片が風で小刻みにはためいて、断続的に風が入って来ていた。メッシュは風を通すものとばかり思っていたから、
閉めても同じだと放っておいた。
夜明け前に寒さで目覚め、バックパックのインナーバッグに足を突っ込んだりしながら辺りを見回す。開けっ放しのメッシュパネルに目がとまり試しに閉めてみた。すると室内を回っていた外気がピタリと止み、次第に身体が温まってきた。パラパラとタープを叩く雨と、バサバサと揺らす風を近くに感じながら、布一枚のこちら側では家族の静かな寝息の輪唱。
安心感に包まれて眠りについた。

花火は最高だった。
島客用に島目の前で上がる花火に全身が震え、奥に見えるハーバーブリッジからは毎年のおなじみのメイディッシュ。ダブルで楽しめるのはこの島ならでは。

この時期にシドニーを訪れるなら、是非一度は行く価値ありだ。

里川フライフィッシング

ゆったりとフラットな流れにラインを置く。
流れがゆっくりとラインを解いていくのを見つめる。
水面が小さく弾けた。
乗らないのは何故かと考える。
あれやこれやと自問自答を繰り返す。
駆け引きに没頭していく。

魚が大きかろうが小さかろうが。
車を長距離走らせて入り込んだ冒険の山岳渓流だろが近所の里川だろうが。
渋い時の最初の一尾には価値がある。

その一尾を流れに戻して立ち上がる。
空を見上げてハッとなる。
目覚めたように、周りの世界が自分の世界に飛び込んできた。

ジョギングやサイクリングする人が通り過ぎていく。

トンビが空高くを旋回している。

背の高い夏草の青臭さ。

畑仕事の老人がゆっくりと歩いていくのが見える。

白鷺がブロックの上からジッとチャンスを伺っている。

郵便配達のカブや宅急便のトラックが止まっては去って行く。

通りすがりの親子が川を覗き込む。

波打ちながら蛇が川を渡っていく。

すすきの穂が風に揺れる。

フォルスキャストしたフライにトンボがしがみつく。

鴨が列をなして泳ぐと、オイカワの群れが大移動してくる。

民家に温かい灯りがともり始める。

流れてくる野焼きの煙に混じって夕食の支度の匂い。

群青色の空に浮かんだ黒い山の向こうに、群れをなした鳥が飛んでいく。

僕も帰ろう。

人の生活を傍に感じながらも、多様な生物の集う場所。

経年変化を楽しむロッドケース〈The Lace Up〉

経年変化を楽しめるロッドケースが欲しかった。
ロッドをしっかりと護れて軽いこと。
バックパックに取り付け出来ること。

ハードケースに筒を探した。
軽い素材の筒は紙管とし、防水のために上からカッティングテープでラッピングした。
バックパックに取り付けするため、この筒にジャケットを着せることを考えた。
多少の筒径違いにも対応できるように、ジャケットとのフィッティングには編み上げ方式を採用した。
これなら、フライロッドでよく使われているアルミチューブにも着せることが可能だろう。
編み上げブーツの雰囲気をロッドケースに落とし込む試みとなった。

僕はブーツ好きだ。
特に8ホール以上。
ブーツレースを1通しごと丁寧に締め上げて行く度に気持ちが引き締まる。

忙しい日常でブーツを鑑賞するヒマはなかなかないものだから、編み上げている時間が1番気にしてやれる時だ。
ゴツいレザーのやれ具合を確認する。
あっ、ココに傷が出来たとか、アタリが付いてきたな、なんて成長を感じて満足する。
自分の習慣がものに移って行く。
大量生産品が自分仕様になる為に経年変化は欠かせない。
経年変化は、使い続けて育つもの。
経年に耐えうる素材であること。

このロッドケースもそんな風に育っていってほしい。

バスフライフィッシングの集い

フライフィッシングでバスを狙う。

ルアーサイズほどの大きなフライを投げてバスを釣るジャンルが存在する。
使用するフライは、こんもりしていて、カラフルでどこか愛嬌がある。

見ているだけでも楽しくなるようなフライにバスが食らいつき、ロッドが絞り込まれて、引きづり回されるのだ。
バスの力強さがダイレクトにフライラインを引く手に伝わってくる。
型の良いバスになると、出ているラインを急いで巻き取り、リールのドラグに頼ることになる。
スピニングリールと違い、フライリールはギア比1:1が多い。
ラインを出された分だけ巻き取る熱い展開に巡り合うチャンスもある。

ただでさえ少ない日本のフライフィッシング人口において、バスフライはかなりニッチなジャンルだろう。
バスフライ仲間は貴重な存在だ。

友人と一緒になって、バスフライの集いを計画した。
キャンプしながらビール片手にマニアックなタックル話や、焚き火の香りを肴にタイイングしたり、マッタリとユルイ集いである。

インスタグラムで仲間を募り、毎年1人、2人と仲間が増えている。
来年で4回目を迎える。
実に嬉しいことだ。

興味ある方は連絡を!

クライミングロープの世界観を表現する試み〈ロープトート〉

クライミングロープを使ってトートバッグを自作した。

きっかけはクライミングスクールだった。
ハーネスにでロープを結ぶ。
二重の八の字結びだ。

二本のロープが交差してはダメだと言う。
平行のまま八の字で結ばなければならない。
これを何度も練習した。
合格と判定された結びは、ロープのカラフルな色柄と相まって美しかった。

この雰囲気をトートバッグに落とし込みたかった。

バッグには厚手の帆布を使い、
入れ口周りは柔らかいレザーを一周させた。

ロープが通るループ生地の両端には銅のリベット。

何年か使用して、アタリが出る頃に完成とした。

製作は2014年の1月。

日常的に使用しているが、アウトドアショップに行くと店員は気になるらしく声をかけてくる。
11mmロープを折り返してぐるりと底を回しているため重量があり、持ち手部分はロープ4本分となる。

最近では銅リベットもすっかり変色し、帆布にはアタリも出始めて完成に近づいている。

ペグはもう無くさない〈ペグバケツ〉

ペグ、これで全部だっけ?
毎回ちゃんと数えてますか?
もうこれ以上ペグは無くしたくないから、ペグバケツを自作した。
これを製作したのはいつだったか?と自分のインスタグラム投稿を遡ったら2015年の1月だった。四年弱の間、僕はまだ一本もペグを無くしていない。

気づいたら一本無くなっていた、なんて経験はよくあることで、僕もこれまでに結構な数を無くしてきたし、残置ペグを拾ってもきた。
いつのまにか無くした数と拾った数が釣り合って合計数は足りていることもあるのだが。

キャンプに慣れてくると、自分の用途に合ったペグセットを買い出す訳で、一つでも無くなると金銭的にも精神的にもくるものがある。

どうしたら無くさないか。

抜いたら放って置かないこと。
全数足りているか毎回ちゃんと数えること。
この二つを徹底していれば、まず無くすことはない。

それを理解しながらも無くしてしまうのは、その作業が面倒くさいからだ。

そこで考えたのがペグバケツ。
帆布製のバケツ外側に30本ほどのペグが挿せる。
その差し口にペグの数だけ数字をスタンプした。もちろん手書きでも良し、ペグの種類毎に色分けも良し。

やる事はただ、抜いたペグを順番に挿し込んでいくだけ。
抜いたら直ぐ挿す。
これをする事で、抜きっぱなしの放置を防ぐ。
番号の最後まで挿し込んだら、それで全数揃っていることが分かる。

友達や家族に抜いてもらう際にも、このナンバリングは役に立つ。
一目で全数チェックが可能だ。

バケツの中にはハンマーやガイロープがドサドサ入る。

ペグセット一式を持ち運びながら、スマートにペグが打てて紛失なし。

暖色光のヘッドランプMS-B1〈マイルストーン〉

暗闇に慣れた目に優しい電球色LEDの灯り。
ライトを点けてから暗闇に戻っても目がチカチカしない。
メインの電球色の他に、白色と赤色のサブライトも装備している。
地図の細かな情報を確認したいときには白色ライトでハッキリと。
写真撮影や釣りでは赤色が役に立つ。

白色LEDライトの灯りを不快に感じたことはないだろうか?
日が沈んで黒い山の輪郭が浮かびあがる頃、目は徐々に暗闇に慣れ始める。
火に木をくべながら、焚火の香りと爆ぜる音で心は次第に鎮まっていく。
心身ともにリラックスした最高の状態だ。

だが一時的にその場を離れなければならない時がやってくる。
くべる薪がなくなって、追加の薪を探しに行くとき。
トイレに立つとき。
おかわりのウィスキーを取りに行くとき。
ライトの青白さで一気に心が冷めるとともに、脳が叩き起こされて不快な思いをする。
焚火に戻ってもしばらくの間は目がチカチカして直ぐにはリラックス状態に戻れない。

長年のそんな不快感を解消してくれたのがマイルストーンだ。
使い始めた当初は、暗闇を照らす灯りとして暖色LEDに若干の物足りなさを感じたりもした。
白色は光の強さ以上に、目に明るく感じるからだ。
同じ光の強さで白色と暖色とを比較すると、白のほうが明るく感じて、暗闇を照らすライトの役割を発揮しているように感じるが、これは慣れの問題でもあるようだ。
実際に使っていくうちに暖色でも十分に地形は把握できるし、白よりも凹凸がわかりやすい。
霧など視界が白い状態では暖色の方が見やすいのは事実だ。

寝袋に入って、テントの外から聞こえてくる自然の音をBGMに物語の世界に入る際にもお勧めだ。

アウトドアの原体験を感じられるフライボックスポーチ

僕はフライフィッシングを始めた時から、フライを入れるケースはタバコのブリキ缶だ。
フライタイイングのパターンを一つ、また一つと覚えるたびにブリキ缶のスペースが埋まり、
ドライフライとニンフ、ウェットを分けるために缶は三つになった。

フライケースの出し入れは体の中心が好みだ。
だから、首掛けのポーチ仕様をデザインした。
ブリキ缶はところどころ傷がつき劣化が始まっている。
ならば、それを入れるポーチも経年変化が楽しめる素材が良い。

コットンキャンバスとレザーレザーストラップを素材に選んだ。

幼少期にカブスカウト、ボーイスカウトで過ごした僕にとって、オリーブグリーンのキャンバス地には馴染みがある。
その頃の思い出を道具に落とし込む。

無人島キャンプ入門〈友ヶ島〉

自分の足で、自分が持てるだけの道具でキャンプがしたい。
そこに船の移動が加われば旅感が倍増する。
そんな欲求を満たしてくれる場所として友ヶ島をお勧めしたい。

装備は40Lのバックパックに収まる装備で選別した。
バックパックは愛用しているカーゴ40(パーゴワークス
パッキングリスト。
・Poler napsack (寝袋)
・ニンジャタープ/パーゴワークス(タープ)
ニンジャネスト/パーゴワークス(インナー)
ニンジャファイヤースタンド/パーゴワークス(焚火台)
スウィングL/パーゴワークス(サブパック)
Zライトソル/サーマレスト(マット)
SOTO MUKA(シングルバーナー)
・飯盒/エバニュー
LEDランタン/ジェントス
・フライロッド インファンテ4P / ティムコ
・ラインバスケット
・PENTAX K-50(デジカメ)
・折り畳みのこぎり
・グローブ
・その他(着替え、食器、水など)

友ヶ島は軍事施設であった。
今でも要塞が島の各所に残っており、多くの観光客が訪れる無人島だが、一軒の宿泊施設があるため泊まりも可能。
キャンプ場も二ヶ所の指定地が設けられている。

和歌山の加太港から友ヶ島汽船に乗船。

乗務員の示す先にはイルカの群れ。

約20分の船旅で友ヶ島へ上陸。
島に近づくにつれ、多くのプレジャーボートが現れる。

船着き場から山道を歩くこと30分ほどで南垂水キャンプ場に到着。
オートキャンプの感覚でクーラーボックスを運ぶには少々険しい道のりとなる。
食料、装備共に必要最低限をお勧めしたい。
なぜなら、あちこちゴミだらけだからだ。
期待していた場所だけに、残念でならない。
ここまで持ち込めたのだから、持ち帰るのも可能なはずだが、要らなくなったものは残して去る。

浜辺の流木を厳選し、適切な長さにカットして立ち上げた寝床。
軽量なシルナイロン製のタープとネスト。ポールは持参せず現地の流木を使用すればかなりの軽量となる。
ここで家族4人が一夜を過ごす。

設営が終わったら、晩飯調達と薪拾いへ。
ここのフナ虫は設営地である芝までやってくる。

岩の隙間から小カニや亀の手を発見。

この島の特徴的な斜めの地層。

魚釣りは不発に終わり、帰りがけに薪を集める。

焚きつけの松ぼっくりを探すが、松の木の下は綺麗なもので、一つとして落ちていない。
ゴミはそこら中に落ちているのに。
湿った薪に火をつけるため、念入りにチップを削り出す。

予想通り苦戦し、やっとのことで火が上がる。
ここまでくれば、あとは燃やしながら次に投入する薪乾燥も同時に出来る。

燠の安定した火力に飯盒をかける。
薄明りと真っ暗闇の狭間のひと時。
この先は獣の時間。
人間は謙虚に最低限の明かりで闇を共有させてもらう。

前日の雨模様から一転、快晴の朝。
行動用のサブパックで要塞巡りへ。

こんな離れ島に戦争時の大事な拠点があったという事実。
この島には渓流が見当たらない。
飲み水は本島から食料と一緒に定期便で送っていたのだろうか。

現代社会の時間軸から外れたような不思議な感覚に陥る。

頂上からの眺め。
近くの島々と、多くのプレジャーボート。
この辺りは良い漁場らしい。

島にやってきた大勢の観光客と入れ替わりでフェリーに乗り込む。
シンプルなキャンプが出来たことに満足感を覚えた旅となった。
何がシンプルか?
最小限の装備と、持ち帰ったゴミの量だ。
コンビニ袋の半分にも満たないゴミで抑えることができたことが、とても気持ち良かった。

土日で気軽に行ける無人島キャンプとして友ヶ島はお勧めだ。

父子3人 淡路島バイクパッキングトリップ

出発予定時刻から2時間遅れで家を出た。

目指すは明石のフェリー乗り場。

グーグルマップで検索したら徒歩で5時間半。

裏六甲から浜へ下るまでには、大小の起伏がある。普段車に乗っていると感じないほどの坂が自転車だと大層な坂になる。

須磨、垂水の文字に心踊る。

しかし、遅れ挽回の下りで判明したこと。次男はまだブレーキにしっかりと指が届かず、スピード上げてからの減速はかなり危険。

やっと海岸線に出られた。

立ち止まって、貨物列車を見送る余裕を見せる長男。

平坦な道がこれほど楽なこととは。

もうほとんど着いたような気分だが、さにあらず。

この旅、一番のランドマーク。

数時間後には、橋の下をくぐる我ら。

家を出てから6時間半。

遂にジェノバライン乗り場到着。

出航は16:00。

グッバイ本州。

ハロー淡路島。

大幅に遅れ予定のキャンプ場は断念。

船上から目星をつけておいた場所に到着。

浜風を凌げる場所を探し出しビバーク。

親父はハンモックの予定だったが、適度な立木が無く、ムーンライト2で3人。ギュウギュウ。まさにビバーク。

明石大橋ライトアップ。

夜景一等地。

うっすらと波の音。

テント越しの朝の陽光。

三角窓から見える景色がたまらなく好きだ。

バイクパッキングを手早くまとめ、神戸行きのフェリー乗り場到着。

日曜日の朝。

道中、魚を焼く匂いに平和を感じる。

移動に船が加わるだけで、旅のワクワク感は倍増。

グッバイ淡路島。

ハローアゲイン本州。