父子3人 淡路島バイクパッキングトリップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出発予定時刻から2時間遅れで家を出た。

目指すは明石のフェリー乗り場。

グーグルマップで検索したら徒歩で5時間半。

裏六甲から浜へ下るまでには、大小の起伏がある。普段車に乗っていると感じないほどの坂が自転車だと大層な坂になる。

須磨、垂水の文字に心踊る。

しかし、遅れ挽回の下りで判明したこと。次男はまだブレーキにしっかりと指が届かず、スピード上げてからの減速はかなり危険。

やっと海岸線に出られた。

立ち止まって、貨物列車を見送る余裕を見せる長男。

平坦な道がこれほど楽なこととは。

もうほとんど着いたような気分だが、さにあらず。

この旅、一番のランドマーク。

数時間後には、橋の下をくぐる我ら。

家を出てから6時間半。

遂にジェノバライン乗り場到着。

出航は16:00。

グッバイ本州。

ハロー淡路島。

大幅に遅れ予定のキャンプ場は断念。

船上から目星をつけておいた場所に到着。

浜風を凌げる場所を探し出しビバーク。

親父はハンモックの予定だったが、適度な立木が無く、ムーンライト2で3人。ギュウギュウ。まさにビバーク。

明石大橋ライトアップ。

夜景一等地。

うっすらと波の音。

テント越しの朝の陽光。

三角窓から見える景色がたまらなく好きだ。

バイクパッキングを手早くまとめ、神戸行きのフェリー乗り場到着。

日曜日の朝。

道中、魚を焼く匂いに平和を感じる。

移動に船が加わるだけで、旅のワクワク感は倍増。

グッバイ淡路島。

ハローアゲイン本州。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*