ムーンライトテント2型 〈モンベル〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軽さや広さだけでは無い、旅道具としての魅力。

このテントを見たのは僕がキャンプを再開して間もない頃。車山に続く大門峠を上がる手前の林間だった。

規則正しく林立する杉を背に、朝靄の中に佇む鮮やかな緑の三角が浮かびあがっていた。その横には黄色いフォークブーツのセローが停めてあったと思う。

車の助手席から見たその光景は、ほんの一瞬だったが、とても印象的だった。

宿も決めず行った先で適地を探して一夜を明かす。

バイクとソロテントは自由になる為のギア。

未知の世界にワクワクを覚えた。

いつか一人であんな旅に出てみたいと思った。

それ以来、その光景は自分の理想となった。

ムーンライト2を愛用して8年が経つ。

海外メーカーの軽くて広いソロテントが次々と出て来ては僕を悩ますが、一晩ムーンライト2で寝るとやっぱりコレだなと思ってしまう。

2型だから、大人二人用の設計ではあるが快適に過ごすならソロ使用。父子3人旅では、ギュウギュウながら小学生2人と大人1人で一夜を過ごしたりもしている。しかし、この使い方はビバークのツェルト並み。

一人使用なら寝るスペースのほか、ザックを置けるくらいの広さはあるし、煮炊き出来る前室もある。

入り口とその対面に設けられた三角窓は通気性に優れる。就寝スペースは最低限の室内高ではあるが、それ故に寒い季節でも一人の体温である程度の室温を保てる。

要するに、過度な快適性は無い。が、よくよく考えられた上での、実用的で真面目なテントだとつくづく思う。

佇まいが美しいということも大切な要素だ。

大きなモデルチェンジ無しで、昭和から続くロングセラーモデル。

これが日本のブランドであることを誇らしく思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*