スペックだけでは測れない、愛用のアウトドアギア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕はアウトドアギアを選ぶ際に、次の3つを基準に物選びをしている。

1 : 機能的であること。

2 : 汎用性が高いこと。

3 : 旅のワクワクを助長させてくれるもの。

今までに色々な物を試してきて、自分が物に対してどういう人間なのかが判った。
同じもしくは似かよった用途の物は一つあればいいと言うこと。出かける時に手に取るのは、結局は決まった一つだった。
同じ用途ではあるが、その日の気分によってデザイン違いを選べる様な、遊び心ある人間では残念ながらなかった。
だから厳選した一品を選ぶことになる。複数を買わないかわりに、これだと思えるものにはたとえ多少高価であっても無理して手に入れることもあった。
そうやって手に入れたものは、長く愛用していることが多い。
スペックと価格は比例する事が多いが、3に関しては別。
これに出逢えたら幸せだ。
自分のワクワク感は一体どこからくるのか?
自分が今までに見てきたもの、体験してきたことから生まれてくる。
だから、市場に出回る量産品の中からそれを見つけられたら、とても幸運な事だと思う。
ただ、それは量産品の話で、好きな作り手に依頼して自分用に誂えてもらうことが1番の近道なのだが、まだ自分のワクワクのポイントがはっきりしていない場合もあるから、そういう場合はやはり作り手の世界観と製品に手助けしてもらうことになる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*