ペグはもう無くさない〈ペグバケツ〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペグ、これで全部だっけ?
毎回ちゃんと数えてますか?
もうこれ以上ペグは無くしたくないから、ペグバケツを自作した。
これを製作したのはいつだったか?と自分のインスタグラム投稿を遡ったら2015年の1月だった。四年弱の間、僕はまだ一本もペグを無くしていない。

気づいたら一本無くなっていた、なんて経験はよくあることで、僕もこれまでに結構な数を無くしてきたし、残置ペグを拾ってもきた。
いつのまにか無くした数と拾った数が釣り合って合計数は足りていることもあるのだが。

キャンプに慣れてくると、自分の用途に合ったペグセットを買い出す訳で、一つでも無くなると金銭的にも精神的にもくるものがある。

どうしたら無くさないか。

抜いたら放って置かないこと。
全数足りているか毎回ちゃんと数えること。
この二つを徹底していれば、まず無くすことはない。

それを理解しながらも無くしてしまうのは、その作業が面倒くさいからだ。

そこで考えたのがペグバケツ。
帆布製のバケツ外側に30本ほどのペグが挿せる。
その差し口にペグの数だけ数字をスタンプした。もちろん手書きでも良し、ペグの種類毎に色分けも良し。

やる事はただ、抜いたペグを順番に挿し込んでいくだけ。
抜いたら直ぐ挿す。
これをする事で、抜きっぱなしの放置を防ぐ。
番号の最後まで挿し込んだら、それで全数揃っていることが分かる。

友達や家族に抜いてもらう際にも、このナンバリングは役に立つ。
一目で全数チェックが可能だ。

バケツの中にはハンマーやガイロープがドサドサ入る。

ペグセット一式を持ち運びながら、スマートにペグが打てて紛失なし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*